リノベーションをお考えの方へ|
リノベーションの基礎知識

リノベーションとは?

最近よく見聞きするようになった「リノベーション」という言葉。快適な住まいづくりを検討中の方にとって、さまざまな魅力を持つものです。ここでは、リノベーションという言葉の持つ意味や、住まいづくりにおけるリノベーションの可能性などについて基礎知識をご紹介します。

愛知県小牧市を拠点に名古屋市はじめ近郊で、戸建住宅マンション店舗・工場・施設などのリノベーションを手がける「リレイションハウス」は、株式会社光星が運営しています。建物の基礎や構造をきちんと理解し、新築物件の設計・施工実績が豊富な当社なら、お客様の理想の住まいづくりをしっかりサポートいたします。

リノベーション[Renovation]という言葉の意味

「Renovation(リノベーション)」という言葉は、英語で「修復」や「刷新」という意味を持ちます。近年は建物の修復を行う「リフォーム」「増改築」「営繕」とは、少し違った意味あいで用いられており、実際のところ、リフォームとリノベーションの違いがわかりにくいという声もよく耳にします。

住まいのリノベーションとは?

リノベーションの大きな特徴としては、「刷新」という意味合いが強いことがあげられます。大規模改修などを通して、従来の建物の機能性や快適性を向上させ、付加価値をつける効果が期待されています。間取りを大幅に変更して使い勝手をよくしたり、古くなった設備を最新のものに交換したりすることもリノベーションと呼ばれます。

とはいえ、すべてを新しいものに交換したり修理したりするだけではありません。リノベーションでは、既存の建物の持つ価値を見直し、魅力を引き出す改修を行うことが多くあります。今となっては入手困難な建材や建具、照明やガラスなど、経年によって味わいが増した既存の建物部材を、効果的に活用する工夫も行えます。

リノベーションの範囲

集合住宅の場合は、専有部分(給排水・電気・ガスなどの配管、天井、壁、床)を全面的に新しくすることができます。また、マンション・戸建ともに、建物の構造は変えずに、すべての建材を入れ替えるような施工も可能です。新築の戸建やマンションではできない発想で、間取りから外観(戸建)まで大きくイメージを変えることができます。

リノベーションができる建物は?

不動産業者などが中古物件をリノベーションして販売するケースもあれば、自分で中古戸建や中古マンションを購入してリノベーションを行うケースもあります。新築物件と同程度の資金で、新築にはない魅力や資産価値を生み出せるのがリノベーションの醍醐味です。全国でリノベーションを展開する「リノべる。」とタイアップしている愛知県小牧市のリレイションハウスでは、名古屋市を中心に近隣でリノベーション工事が可能な中古物件、リノベーション済みの物件のご紹介も可能です。

リノベーションとリフォームの違い

リノベーションとリフォームの違いについて、尋ねられる機会が増えてきています。どちらも、建物に手を加えて住みやすくすることに代わりありませんが、意味合いとしては少し異なります。リフォームには「悪い状態を改良する」のに対し、リノベーションには「刷新」するという趣が強いのが違いでしょうか。

リフォームとは?

一般的に「リフォーム」は、経年や使用によって老朽化した建物の一部や全体を、新築に近い状態へ修復することをいいます。例えば、賃貸の戸建・マンション・アパートの場合は、入居者が退去する際に、入居前の状態に戻す「原状回復」がありますが、これはリフォームの範ちゅうです。壊れていたり、汚れていたり、古くなった部分に小規模に手を加え、新築のようにきれいに新しくします。つまり、マイナスになっていた部分をゼロに戻すのがリフォームだといえます。

マイナスからプラスにするリノベーション

リフォームが、マイナスをゼロにする行為だとすると、リノベーションは住まいの価値を「建て替えることなしに」マイナスからプラスにすることだといえるでしょう。古いものを改修してスタイルを変更したり、耐震性・防火性能・耐久性などをアップさせ、新築時よりも高い性能を持たせることが「リノベーション」に当てはまります。住宅の使い勝手や用途を、ライフスタイルに合わせて大幅に変更・改善することがリノベーションなのです。

リノベーションという言葉は、時代の変化に合わせて、さまざまな場面で登場するようになってきました。少子化で廃校になった学校を、オフィスや福祉施設のように当初の目的外に改良することもリノベーションと呼ばれます。また、オフィスビルを改修して住宅として使うようにすることもリノベーションです。大規模な改修を伴い、当初の用途以上の性能を発揮させたならば、それはリノベーションと呼べるのではないでしょうか。

愛知県小牧市はじめ名古屋市近郊でリノベーションを手がけるリレイションハウスは、建物の可能性を最大限に引き出すリノベーションのお手伝いをいたします。お客様の理想の住まいづくりを徹底サポートいたしますので、リノベーションに関心がある方は、どうぞお気軽にご相談ください。

リノベーション用語集

住まいのリノベーションでよく使われる用語を簡単にご説明します。

RC構造(あーるしーこうぞう)……Reinforced Concrete 構造

建物の部材に鉄筋とコンクリートを組み合わせた構造で、耐久性・耐震性・遮音性に優れている。柱や梁に鉄筋を使用し、周辺にコンクリートを流し込む。柱と梁で支えたものを「ラーメン構造」、壁で支えたものを「壁構造」と呼ぶ。住宅・ビル・マンションなどで広く使われている。

インナーサッシ

二重サッシ・内窓・二重窓とも呼ばれる。断熱・気密・防犯・防音機能に優れており、冷暖房コスト削減や結露防止を期待して、リノベーション・リフォームで既存の窓サッシに加えて設けられることがある。

インナーテラス

屋内に設けたテラスのこと。玄関やバルコニーなど、外部に隣接する位置に設け、建物の外と内に一体感を持たせたデザイン演出。家の中に開放感が生まれる。

ウォークインクローゼット

収納を一つの部屋として独立させ、中を人が歩けるほどの広さを持つ大型収納スペース。衣類収納であることが多く、ハンガーパイプや棚などを設置する。

LDK(エルディーケー)

Living・Dining・Kitchenの頭文字をとったもので、居間・食堂・台所の機能を一体化させた部屋。室内を広く確保でき、圧迫感が少なく、調理や食事、テレビ鑑賞など生活内のさまざまな行為を同時に行える。

オール電化

住まいで用いられるエネルギー(調理、給湯、冷暖房)を、ガスを用いずすべて電気でまかなう仕組み。電気代に一本化できるメリットがある反面、停電時や電気料金の高騰時にリスク分散できないデメリットもある。

温水洗浄暖房便座(おんすいせんじょうだんぼうべんざ)

温かい水で局部を洗浄できる機能のついた便座。各メーカーによって名称は異なるが、「ウォシュレット(TOTO)」や「シャワートイレ(INAX)」などの名前で呼ばれることが多い。洗浄機能のほか、暖房、温風乾燥、消臭、便座の自動開閉などの機能を持つものもある。

用語集トップへもどる

間接照明(かんせつしょうめい)

照明を床や天井に当てて、反射光で室内を照らす方法。反射照明とも呼ばれる。優しい光で柔和な雰囲気を演出したり、空間を広く見せたりする効果がある。室内の各部分に用いることで明るさに濃淡が生まれ、リラックス効果も期待できる。

壁式構造(かべしきこうぞう)

RC構造の一つで、柱と梁に頼らない、耐力壁を用いた建物の構造。低層マンションや共同住宅などでよく用いられる。リノベーションの際は、構造壁が室内にあると、その壁に手を加えられないことがあるので注意が必要。

框(かまち)

床板などを切断した際の、切れ目の部分に取り付ける化粧用の横木。玄関など、人の出入りなどで衝撃を受けやすい部分に用いられる「上り框(あがりがまち)」、縁板の外側に取り付ける「縁框(えんがまち)」が一般的。他にも、床の間の板や畳を保護・装飾する目的がある「床框(とこがまち)」「床縁(とこぶち)」などもある。使用する部位によって、強度に合った材木を採用する。

共用部分(きょうようぶぶん)

共同住宅(マンション・アパート)などで、入居者が共同で使用する部分のことを指す。玄関ホールや階段・エレベーター、竪管、外壁、屋上などのほか、各戸内の窓サッシ・バルコニー・外廊下なども共用部分が該当する。

クロス

装飾用の壁紙。天井や壁の仕上げに張り付けられる。

クッションフロア……CF

弾力性・クッション性・衝撃吸収性の高い床材全般のこと。塩化ビニールを表面に用いた床材で、厚さ2mm程度のプラスチック製のものが一般的で保湿・耐水・防音効果を持つ。発泡層があり、柔らかく手入れが簡単で、水回りの床仕上げに適している。

躯体(くたい)

建物の骨組みとなるような主要部分、柱・梁・床・壁・階段などを指す。建物全体の強度を左右する。使用する材料によって、木造・ブロック造・鉄筋コンクリート造・鉄骨造・鉄筋鉄骨造などに分けられる。

腰窓(こしまど)

下端が床から1mほどの高さになる窓のこと。採光や換気目的に設けられることが多く、通常、バルコニーやベランダに面していない壁面に設置される。壁面から外に飛び出した形状は「出窓」と呼ばれる。

用語集トップへもどる

直床(じかゆか)

コンクリートの床に直接床材(フローリング・クッションフロアなど)を張り付けた状態の床。骨組みを作らず床が完成する。対義語に、木枠などで床組みを設置した上に床材を張る「置き床」がある。

用語集トップへもどる

建具(たてぐ)

可動式の戸・襖・障子など、開閉部分のこと。ドアも建具に含まれる。

動線(どうせん)

人が移動する際に生まれる軌跡・通り道のこと。できるだけ最短ルートで、目的の動作がスムーズに行える動線が理想とされる。行き止まりを作らない動線設計は、小さな空間にも奥行きをもたらす。

用語集トップへもどる

納戸(なんど)

物置用の部屋のこと。大型のウォークインクローゼットも納戸に含まれる。衣類や家財道具などの収納に用いられ、サービスルームとも呼ばれる。間取り図上では「N」と表記される。

用語集トップへもどる

梁(はり)

床に水平に設置され、床や屋根などの荷重を柱に伝える建物の部材。床を支えるものを「床梁」、柱と柱によって支えられている梁を「大梁」、大梁に支えられている梁を「小梁」と呼ばれる。マンションなどRC構造の場合は、梁も鉄筋コンクリート製となることが一般的である。

幅木・巾木(はばき)

壁と床が接する部分に取り付ける化粧材。床と壁の隙間(取り合い部)を埋め、見切り材としての役割を持ち、汚れや損傷から保護する目的で設置される。一般的に、洋室や廊下などに用いられる。

用語集トップへもどる

無垢材(むくざい)

原木から必要な寸法で切り出した、合成されていない木材のこと。木の種類はさまざまで、広葉樹・針葉樹のいずれもある。木の質感や風合いなど装飾的な魅力のほか、調湿作用など機能面の良さも期待される。近年は、合材のように接着剤や化学物質を含まないため安全性の面でも注目されている。

回り縁(まわりえん)

室内の天井と壁の間に設けられる見切り材。面端部の仕上げ・納まりをよくする目的で取り付けられるが、近年は装飾として用いられることも多い。和室の格式を高める「二重回り縁」、表面から見えない「隠し回り縁」などがある。

間取り(まどり)

部屋のレイアウトのこと。部屋数にリビング(L)・ダイニング(D)・キッチン(K)などの略称を組み合わせて、「1K」「2DK」「3LDK」のように表される。リノベーションを目的とした中古住宅の販売広告では、間取りを変更することが多いため、プランニング段階ではこの表記にとらわれないことがある。

用語集トップへもどる

床暖房(ゆかだんぼう)

床に発熱パネルを組み込んだ暖房方法。リビングやダイニングで採用されることが多い。温水式と電気式がある。エアコンなどの暖房器具と比較して、冷気が室内下部に集まることなく、部屋全体が均一に暖められる。

UB(ユニットバス)

あらかじめ工場などで製作された部材を、現場で組み立てて施工する方式の浴室。トイレ・洗面台・浴室などが一体化したもの(3点ユニット)、洗面台と浴室が一体化したもの(2点ユニット)、浴槽と床のみ一体化したもの(ハーフユニット)などがある。かつては、集合住宅やホテルなど向けのものがほとんどだったが、近年は高級仕様のものも登場し、新築・リノベーションでもよく用いられる。

養生(ようじょう)

建築や引っ越し時などに、建物内外の設備に傷や汚れがつかないようカバー(保護)すること。部材・部位に応じた養生素材がある。

用語集トップへもどる

対応エリア

名古屋市近郊を中心とした、
愛知県・岐阜県(その他の地域はご相談ください)

PAGE TOP